聞き取りが苦手なAさんの支援例



 中2のAさんは、小学生の時から個別指導の塾に通っていましたが、塾のペースについていけず、 通うのが重荷になってしまい、私の所でサポートを受けることになりました。

第一印象は、真面目な大人しい感じのお子さんでした。自己主張をするのが苦手で、 学校でもあまりしゃべらない静かな子だったようです。勉強面では英語と数学の授業についていけず、 平均点に届かない成績でしたが、コツコツと暗記をしたり問題集を解いたりすることはできていました。 しかし、成果が出ないのでお母さんも原因が分からず困っていたようです。

認知面の特徴を探りながら、 指導を始めて数ヶ月経ち、Aさんの基礎学力面での弱さや学校の授業で困っていたことが分かってきました。

まず、一つ目は学校の授業の聞き間違いが多いこと、二つ目は推論する力が弱いことから、 作文がとても苦手なことでした。

これらの点に配慮して授業を進めていきました。 中2の成績は英語は変わりませんでしたが、覚えている単語が増え、 数学の計算問題も以前より出来るようになってきました。

進路選択は、近所の公立高校のレベルが高いため私立を第一希望で考えていました。 1学期の評定で思いがけず技術が伸び、担任の先生から 推薦でITコースの進学を勧められます。 パソコンを使えるようになってほしい、という親御さんの希望がありましたので、 そこに決定し推薦で合格することができました。

高校も継続のご依頼をいただき、英語と数学を重点的に補習しながら テスト前には他教科のサポートも行っていきます。
定期テストの時に、自分の席の前に扇風機があり、直接当たるのがかなり苦しかったという話を聞き、 「手を上げて先生に話した?」と訊くと、「言えなかった。」ということで、 中学と変わらず自己表現が苦手でした。
私の授業では、本音で言いたいことを言ったり、 面白い話題になるとよく笑うので、安心できる環境だと自分が出せるようです。

定期テストは一度も赤点にならず、各教科上位の成績をキープします。 そして、高3の進路希望で作業療法士コースのある大学と専門学校を志望校に選択。

高校から推薦してもらい、私も面接指導と志願理由書の作成をサポートしていきます。 自己表現が苦手なことから、「緊張して上手く話せない。」と話していましたが、 何度も繰り返し練習をすることで、学校からもOKが出ました。

しかし、残念ながら1校目は面接が上手くいかず不合格に・・・。圧迫面接だったことが原因です。 気持ちを切り替えて反省点を洗い出し、もう一度、繰り返し練習を行いました。 そして、次の面接は圧迫面接ではなかったことで、落ち着いて話すことができ無事に合格。 ご家族も私も本当にホッとしました。

その後は、3月の卒業まで理科や数学の復習、また一般常識の授業等も行い、無事に高校を卒業することができました。 5年間の私の指導も卒業となりました。

振り返ってみると、推論が苦手で志願理由書の作成につまずいたり、 聞き取りが苦手で英語の授業について行けなかったりしましたが、 サポートを受けることで乗り越えることが出来ました。 また、自分なりにどうすれば弱さをカバーすることができるか、 工夫して対処することもできるようになったと思います。

数ヶ月後、専門学校の授業の感想を聞いてみると、かなり難しいということでしたが、 何とかついていけているようです。陰ながら応援していますので、資格の取得を目指して頑張ってくださいね。


書字に困難があるKくんの支援例



 中1のKくんが通っていた英語塾では、数学指導が難しいということで依頼がありました。

Kくんは、文字や数字の形を整えて書くことに困難さがあり、 筆記用具や新しいトレーニングを取り入れて練習していましたが、改善しなかったようです。 そのため、書くことを強制しないことと、福祉大でWISCを受けていましたので、 彼の特性を参考に指導を始めました。

素直な性格で、真面目に練習をしますので、徐々に解答出来る問題も増えていきました。 定期テストでは、数字が汚くても読み取って採点してくれる配慮があり、本人の負担も軽減しました。

しかし、中学2年生なると、思春期から人間関係の悩み等で体調不良が多くなります。 それでも、責任感の強い彼は、できるだけ登校して授業を受けていました。
塾については、成長とともに教育方針が合わなくなり退塾することになります。

そのため、塾で受けていた英語の指導を私が行い、週2回授業に増やしてもらいました。 筆記に困難がありましたが、音読は及第点で元気よく読むことができました。

中3になり志望校は私立高校を選択。 ご両親の希望でITコースを選択しました。 基礎的な学習事項については概ね理解できていましたので、無事に専願で合格することができました。

サポートを継続していただき、書きの困難に配慮しながら指導を続けていきます。 高校数学では赤点になることもありましたが、追試をクリアして進級することができました。
文字や数字は、中学生の頃に比べると随分見やすく書けるようになってきました。

高3で大学進学を選択します。AO入試で受験するために面接練習を行いますが、 自己表現が苦手だったので直前期は何度も練習を繰り返しました。 そして、本番も練習通りに上手くいき、無事合格することができました。

大学に進学してからは、私が月に1回カウンセリングと学習相談を行っています。 大学の授業の課題はパソコンを使って提出しますので、彼の弱みが目立たなくなり、 また、高校時代の学習も活きていますので本人も大学に通うのがとても楽しいようです。

先日、インターンで職場体験をしてきた所、とてもその仕事に興味が持てて、 社員さんから現場の話を聞いたり熱心に質問もしてきたようです。写真もたくさん見せてもらいました。 CADを使い設計図を書かせてもらったものを見せてもらいましたが、 とてもよく書けていて驚きました。これは、彼の強みになりますね。


知覚推理が弱いNさんの支援例



 中2のNさんは、特に算数や数学、英語の授業についていくことができず、困っていた所、 親御さんがホームページの検索で私を知りました。

体験授業の時に、 標準学力検査や、これまでのテストを見せてもらい、覚えている英単語のチェック、 分数や小数の基礎計算テストを行いましたが、定着していないことが多く、 早急に個別のサポートが必要な生徒でした。
お母さんは、小学生の時に算数を教えていたようですが、繰り返してもできないので、 かなり困っていたようです。 指導は、取り戻し学習と、学校の授業についていけるように、英語と数学の2教科に重点を置いて指導していきました。

教科書、ワークの問題等を補習していきましたが、図形の書き方や漢字の形等、繰り返し練習しても上達しないことがあることから、親御さんとも相談して、発達支援センターでWISCを受けることにしました。 検査結果から知覚推理に弱さがあったので、努力不足ではなく、彼女の弱点が認知の弱さにあることが理解出来ました。

認知面に弱さがありましたので、テストの点数にはこだわらず、スモールステップでできることを増やしていく方針に切り替えました。テストの点数は上がりませんでしたが、基礎計算力のアップや英単語英文法の知識は増えていきました。
中3になり進路は私立高校を選択。専願で無事に合格することができました。

高校でもサポートの継続をいただき、認知面の遅れや弱さに配慮して指導を進めていきます。 高校数学では赤点になることもありましたが、頑張ってクリアしていきました。 英語は平均点を取れる時もあって、本人もやればできるという自信になってきたようです。 テスト前には、国語や生物等を教えることもありました。

高校生の時に分数や小数等の基礎計算のテストを行いましたが、概ねできるようになっていました。 基本的な四則計算についても問題なく解けていました。 高校数学で最後の単元の微分積分にはかなり苦戦していましたが、何とかクリアすることができました。

進路選択の時期になり、本人も親御さんも行けるなら大学進学を希望ということで、AO入試対策を進めていきます。 学校の先生も志望動機の作成を手伝ってくれたのですが、3人の先生たちの教えることがバラバラなために、本人は混乱してしまうこともありました。

繰り返し面接練習を行い、1回目の入試にチャレンジしますが、結果は不合格・・・。 とても緊張してしまい上手く話せなかったようです。不合格の結果に、私も大変落ち込みました。

あきらめてしまいそうでしたが、彼女は気持ちを切り替えて、同じコースの2回目にチャレンジします。 志望動機書を作り直し、面接練習も直前まで何度も頑張りました。 そして、二回目は冷静に受け答えができて、無事に合格することができました。

合格発表の時は、教室に1人で待たされ、しばらくたってから先生が封筒を持って現れたそうです。 合格の言葉が聞けた時は、本当に嬉しかったと話してくれました。 帰りの車で、お母さんも嬉しさから、ボックスティッシュを使い果たしてしまうくらいだったそうです(苦笑)。

認知の弱さから困ってしまうこともあると思いますが、人に頼んだり、工夫すれば何とかなります。 これからも応援していますので頑張ってください。