宮城県仙台市のプロ家庭教師

中学国語:物語文の解き方


中学生に国語を教えていると、物語文の読み方を知らない子が多い。 今回は、その読み方のポイントについて書いていこう。

主人公の気持ちを読み取る

国語が苦手な子たちは、ただ何となく文章を読んで、何となく解答しているから間違いが多くなる。 そもそも国語の読解問題は、それを読んだ人の感想が聞かれているわけでなく、 登場人物や主人公の心情が理解できたかどうかを問うものだ。 まずは、このことをしっかり覚えておこう。

では、具体的にどうやって主人公の心情を理解していくのか? それは、文章をよく読み取るということ。

情景描写や会話、主人公の様子等に意識を向けて読んでいくことが大切だ。 その文章から主人公の気持ちが読み取れるならばアンダーラインを引いておこう。

心情理解は、すぐに出来るようにはならないので、何度も教科書の文章で練習していくこと。 また、ワークの問題で間違えたら、その答えになる理由を考えてみるのを忘れずに。