宮城県仙台市のプロ家庭教師

英語の勉強は「精読」が大切



こんにちは。プロ家庭教師の勉です。英語の勉強方法を質問されることが多いので、今回は長文読解のポイント について書いていきましょう。

高校受験でも大学入試でも、英語の試験に長文読解は必ず出題されます。 対策として、数多くの長文を読む、単語をたくさん覚える、速読を身に着ける等、様々なことが言われますが、 一番初めにすることは、良い長文を精読することです。

精読とは、英文を1文1文丁寧に解釈して読む練習のことを言います。 ここは主語だな、これは主節だな、動詞が過去分詞だから現在完了だな、と文章の構造を分析していきます。

長文は、全訳が出来なければ得点できないと考えがちですが、出題者は受験生に、きちんと英文を解釈して 読むことが出来ているかを調べるために長文を出題しています。 受験校によっては速読を目的に出題することもありますが、精読が出来ていれば、 速読もできるでしょう。

私も大学受験生の時には、この精読を1年間みっちり行いました。浪人する前は、全訳できれば 合格するんだから多くの単語を覚えようとか、長文問題を多く解けば対応できるだろうと考えていました。 努力しても結果はでず、苦い思いをしたことを今でも憶えています。

英語重視で、長文の速読が問われる大学も受験しました。本文の全訳は分からなくとも、ポイントを押さえることが できたので合格することが出来ました。それは、精読練習を続けたおかげだと思っています。 受験前は、自然と文章を早く読むことが出来るようになっていました。

私が英語を教えるときは、中学生でも高校生でもこの精読を第一に教えています。 分からない文章の和訳だけでなく、英文の構造がきちんと理解できるように解説しています。

英語が苦手な子は、この精読の練習をしっかり行ってくださいね。