英語の長文読解は「精読」で伸びる



 英語の長文の勉強方法を質問されることが多いので、今回は長文読解のポイント について書いていきましょう。

高校受験でも大学入試でも、英語の試験に長文読解は必ず出題されます。 対策としては、良い長文を精読することです。

精読とは、英文を1文1文丁寧に解釈して読む練習のことを言います。 ここは主語だな、これは主節だな、動詞が過去分詞だから現在完了だな、と文章の構造を分析していきます。

受験校によっては速読を目的に出題することもありますが、精読が出来れば、 速読もできるようになります。

私も大学受験生の時は、この精読を1年間みっちり行いました。 英語重視で長文の速読が問われる大学も受験し合格しましたが、それは精読練習を続けたおかげです。 精読した長文を一日一題、毎日繰り返し読んでいたので、 受験前は自然と日本語に訳さなくても文章を速く読むことが出来るようになっていました。

私が英語を教えるときは、中学生でも高校生でもこの精読を第一に教えています。 分からない文章の和訳だけでなく、英文の構造がきちんと理解できるように解説しています。

英語が苦手な子は、この精読の練習をしっかり行ってください。