宮城県仙台市のプロ家庭教師のべんさん

インプットとアウトプットのバランスが大事




こんにちは。プロ家庭教師の吉田です。勉強でつまずいている中高生の学習を見ていると、 インプットとアウトプットのバランスが取れていない子たちを多くみかけます。

まずは、インプット

インプットとは、覚えることです。数学の公式を覚えたり、英単語を覚えたり、授業で習ったことをしっかり記憶 することですね。

社会だと、私がよく教え子たちに勧めているのは、1問1答ノートを自分で作る勉強です。 教科書の重要語句をノートに書きだしていって、その語句の説明を自分なりにまとめていく。 そのノートを作っている時に、結構インプットされていきます。

次は、アウトプット

アウトプットとは、ワークや問題集の問題を解いていくことです。勉強でつまずく子たちは、いきなりワークの 問題を解こうとしますが、インプットできていなければ解けないのは当たり前ですよね。

提出しなければならない時は仕方ないですが、できるだけ、ノートに学習事項をまとめたりした後に問題練習を するようにしましょう。

アウトプットで間違えた問題をインプットしなおす

インプットしてアウトプットしたら、間違えた問題が出てくるはずです。 その間違えた問題を、ノートにまとめていきましょう。

また、理解が浅かった事項は、もう一度教科書に戻って解説を読み直していくといいでしょう。

このように勉強をしていくと、効率よく学習事項を自分のものにしていくことができます。 インプットとアウトプットができているか?一度自分の学習を点検してみましょう。