宮城県仙台市 プロ家庭教師のヨシダ

「まだ指を使っているけど大丈夫?」計算が苦手な小学生の教え方~意味記憶~

photo

意味記憶とは


算数で四則計算を繰り返し練習してくると、いつのまにか答えを覚えている計算があります。

例えば、5+2=7、10+10=20等、指で数えたり、具体物を想像しなくてもその答えを覚えています。 これを数的事実と言います。この数的事実を覚える力のことを意味記憶と言います。


意味記憶の弱さについて


算数力の意味記憶について弱さのある子は、数的事実を覚えることや、思い出す時につまずきを見せます。 練習を繰り返すと、一般の子は暗算で答えを出すことができます。 しかし、弱さのある子達は、中々正確に思い出すことが出来ないのです。 いつまでも指を使って数えている子には、意味記憶の弱さがあるかもしれません。

単に、記憶力が弱いといってしまうのは簡単ですが、その子達は、他の教科では一般の子と同じように記憶できます。 数的事実の記憶の面でつまずいてしまうのです。
このような時に、覚えられないからといって、何回も同じことを繰り返し練習させることは危険です。

意味記憶の弱さを持つこどもに、計算の練習問題を繰り返し解かせても効果はあまりありません。 親子でのケンカが増えてしまい、こどもは今以上に算数が嫌いになってしまいます。
また、中学生でも意味記憶が弱かったために、小学生の時に数的事実を覚えられなかった子は、 計算ミスをすることが多くなります。


意味記憶が弱い子の学習ポイント


意味記憶の弱い子は、数的事実を覚えることに苦労しますが、覚えられないということはありません。 一番のポイントは、
「問題を解いている途中で、暗算が出来ずに筆算を使ったり、 指で数えてもいいから答えを出すまで待ってあげること」が大切です。

指で数えているからといって無理やり止めさせたりすると、こどもは覚える機会を失ってしまい、 いつまでたっても数的事実が覚えられないでしょう。 覚えられたら、自然と指を使って数えるのをやめます。

「急がば回れ」の精神で取り組んでいってくださいね。

ページのトップへ戻る