数学苦手~計算ミスを減らす方法~



その1「途中式を書くこと」

数学の計算ミスが多い子を見ていると、分かっているからと途中式を書かずに省略する子が多い。 特に、分数や小数の計算はミスが多くなりがちだ。約分も計算過程を書くことでミスが減らせる。 試験で時間がない時は仕方ないが、それ以外はきちんと途中式を書こう



その2「符号ミスに気を付けること」

計算ミスの多い子は、正負の符号ミスが多く見られる。因数分解や連立方程式等の計算過程が複雑なものほど ミスしやすい。計算ができる子たちはこのことをよく知っているから注意深く計算しているんだ。 だから、符号ミスがないかどうか後でチェックしよう



その3「公式をしっかり暗記すること」

乗法公式や分配法則等、教科書の公式をしっかり暗記することが大事。 文字を使った公式を覚えることが苦手な子は、例題で解き方を覚えていこう。

現在指導している中3の女子生徒も計算ミスの多い子だったが、今ではほとんどミスをしないようになった。 途中式をしっかり書いて符号ミスに気を付けているからだ。 また、指導を受けるまではあいまいだった公式も、きちんと理解していったことで計算力も上がった。 前回のテストは90点以上で、こんな点数とったことがないと喜んでいた。

必ず計算ミスは減らすことができる。あきらめずに努力していこう。