大学受験の思い出



0からのスタート

 私が受験生だった頃は、第二次ベビーブーム世代が受験する時代で、 受験戦争と言われるくらい競争が激しい時代でした。 また、終身雇用、年功序列社会でしたので、良い会社に就職するために、 少しでも偏差値の高い大学を目指していた時代です。

そんな社会から目を背けるように、私は高校の勉強そっちのけで小説ばかり読んでいました。 日本文学から海外のものまで興味のあるものは片っ端から読んでいました。

当然、成績は悪く、大学の進学はとても無理だったので、高3の時は専門学校に進んで資格を取ろうと考えて いました。しかし、アメリカ留学を考えていた友人の話を聞いて大学に興味が湧きます。 また、劣等生でもやればできる、という想いもあり受験を決断しました。

有名な問題集や予備校の夏期講習を受けて熱心に頑張っていましたが、 一向に成績は上がらず、英国政の偏差値は30~40台・・・。 この頃は、まだまだ大学入試を甘く見ていました。

現役受験は失敗し浪人することに。無謀でしたが早稲田や明治大学に興味を持ち、有名私大合格コースを選択。 しかし、夏前に挫折・・・。独学で勉強しましたが1浪目も失敗。 仲間たちと朝から晩まで受験勉強を頑張っていたので、この時は相当辛かったですね。 人生で一番勉強したにもかかわらず、偏差値は英国が変わらず40台でした。 政経だけは偏差値70台(全国模試で30位以内に入ったことも)でしたので、 本当に悔しかったですね。仲間の半分以上が大学に合格していくのを見るのも苦しい時でした。

振り返ってみれば、合格した友人達は皆、予備校の授業をきちんと受けていました。 私は、政治経済だけは授業をきちんと受けていましたが、 英語と国語は市販の参考書で独学していたことが不合格の原因でした。

残った数人の仲間と2年目の苦しい日々が始まりました。

2浪目は、これまでの失敗を反省して、自分の勉強内容や方法を振り返りました。そして、予備校の授業を取り直し ました。無駄な勉強を省き(授業以外の自習は1日5時間くらい)、集中力を自己管理していました。 自分には大学合格はムリなんじゃないか?と、自信を無くすこともありました・・・。

桜咲く

努力の甲斐あって模擬試験の偏差値は順調に上がり、第一志望校を明治の政経に決めました。 そして、自信を持って受験に挑み、合格。 この時は本当に嬉しかったですね。仲間たちもそれぞれの志望大学に合格しました。

大学生活では、経済の勉強に数学が必要だったことで苦戦しましたが、文芸サークルに所属したり充実した 4年間を過ごしました。卒業してから出来たリバティタワーの前のお茶の水の校舎に通えたのも良かったです。 そのサークルで、後に様々な分野で活躍する仲間達と貴重な時間を過ごせたことも私の財産です。 当時の文芸誌が大学の書庫に保管されているようで嬉しいですね。

勉強しているのに成績が伸び悩み、進む道が見えなくなっても、 あきらめずに続けていれば、また少し先が見えてきます。 受験勉強はその繰り返しです。頑張ってください。